OCEAN TOKYO 代表 高木 琢也さん

「挫折」は、「成功」への必須条件。
努力次第で必ず乗り越えられるから、
夢に向かって突き進んでほしい。

<OCEAN TOKYO> 代表

髙木 琢也さん

2006年美容科6期卒 私立東京学館高等学校出身

髙木 琢也 Profile

2006年に早稲田美容専門学校を卒業。2013年9月に「OCEAN TOKYO」を設立。
現在8店舗。2015年3月、『個人月間技術売上1200万円』の偉業を成し遂げ、
2016年5月、最年少の美容師として日本武道館でのヘアショーに出演。
今、メディアから最も注目を集める美容師。

OCEAN TOKYO
OCEAN TOKYO
東京都渋谷区神宮前5-27-7 アルボーレ神宮前4F

「美容師の可能性をもっと拡げる」。それが、ここ数年ずっと掲げている目標です。そういう意味でも、2019年はあらゆる著名人のヘアメイクを担当したり、コンテストでグランプリを獲得したりする以外の活動ができた一年だったと感じています。最大のトピックスは、初めての著書を出版できたこと。これまではSNSを中心とした若者たちに支持してもらっていたと思いますが、それ以外の層にも「髙木琢也という美容師」を知ってもらえたのではないでしょうか。これからも美容業界という枠に囚われずに、大きな可能性に向かって活動していきたいです。

NHKのドキュメンタリー番組「プロフェッショナル 仕事の流儀」に2回目の出演を果たした際には、シンガポールで現地の方々に施術を行う様子を取材していただきました。その際に改めて感じたのは、日本の技術は、世界でもトップレベルだということ。オリンピック開催などで世界中から注目を集めている今、日本に海外からのお客様を呼ぶことができるんじゃないかと思います。そしてゆくゆくは、海外でも店舗展開を行えたらいいなと考えています。

美容師をめざす若者に伝えたいのは、「個性」を出すことばかりに集中するのではなく、最初にしっかり「基礎」を身につけてほしいということ。世の中には僕をはじめとする個性的な美容師がたくさん活躍していますが、最初はみんな学校の先生や先輩たちの真似をしながら、基礎を身につけています。そしてみんな、挫折も経験してきているはず。トップレベルに上り詰めることができるのは、夢を諦めずに、泥を舐めながら、努力を重ねてきた人だけです。学校で勉強するうちに「自分には向いていない」と感じる時期もあるかもしれません。それでも一生懸命やれば、必ず結果は出せるはず。人生は1度きりなので、悩む時間があるなら楽しい未来を考えて、がむしゃらに頑張ってほしいです。

僕が卒業したWASEBIでは、親しみやすい先生方や、明るい仲間たちと一緒に「基礎」を学ぶことができました。入学するなら、そんな環境が整っている学校をおすすめします。

高木琢也さん

Works

Works
「HOT PEPPER Beauty AWARD 2019」にてメンズスタイル部門1位を獲得。3連覇を果たし、殿堂入りをする。
Works
初の著書「這いつくばった奴が生き残る時代 道あけてもらっていーすか?」を発売。発売前から重版が決まり、現在6刷目が発売中。
Works
NHKのドキュメンタリー番組「プロフェッショナル 仕事の流儀」にて異例の2度目の出演。年に数名しか実現されないDVD化にも抜擢。
Works
日本を代表する美容師&美容室を世界に向けて紹介する美のミシュラン「KAMI CHARISMA 東京2020」にてメンズスタイル部門唯一の三つ星を獲得。
 
 

卒業生ページへ戻る