OCEAN TOKYO 代表 髙木 琢也さん

美容師の道を極めれば、
たくさんの人を幸せにできる。

<OCEAN TOKYO> 代表

髙木 琢也さん

2006年美容科6期卒 私立東京学館高等学校出身

髙木 琢也 Profile

2006年に早稲田美容専門学校を卒業。2013年9月に「OCEAN TOKYO」を設立。
現在は4店舗。2015年3月、『個人月間技術売上1200万円』の偉業を成し遂げ、
2016年5月、最年少の美容師として日本武道館でのヘアショーに出演。今、メディアから最も注目を集める美容師。

OCEAN TOKYO
OCEAN TOKYO
東京都渋谷区神宮前5-27-7 アルボーレ神宮前4F

できることは「髪を切る」だけじゃない。
美容師の可能性を、もっと広げていきたい。

 WASEBIでは美容師としての技術や知識はもちろん、人間関係の築き方も学ぶことができました。入学前は気の合う仲間とだけ遊んでいたけど、WASEBIではワインディングの授業や運動会などのイベントでたくさんの人と関わる機会が多かった。先生方との距離も近く、いろんなタイプの人たちと関わって、興味を持って接することが出来るようになったと思います。あと、掃除に関して厳しく指導してもらったおかげで細かいところにまで気付く視点が養われましたね。そういう授業以外の時間でも美容師として求められることを多く学べたし、身につけたことが今でも役立っていると思います。

OCEAN TOKYOの武器は
「憧れ」×「親近感」。

 「憧れ」というのは、夢をつくること。「親近感」はお客様を緊張させない空気感と仲問感。どうしたら心を聞いてくれるかを常に考える集団です。実際、初めてご来店するお客さんには、緊張してガチガチになっている方もたくさんいます。そういう方には、ちょっとふざけてみたりしてリラックスしてもらう。そして、ヘアスタイルに関して気にしていることを察して提案してあげると、「なにも言わなくても分かってくれるサロンなんだ」と信頼してもらえるんです。僕らがやっていることは髪型のデザインではなく「人のデザイン」。髪型だけじゃなく内側も変われる。髪型で人生は変えられるということを伝えていきたい。

 もうひとつの目標は、美容室や美容師の可能性を広げていくこと。ただ「髪の毛を切る」だけじゃなくて、例えば、髪の毛に関する校則や社則みたいなものをなくして、日本中の人たちが力ッコよく、かわいくなるために働きかけるというか。そういうふうに世の中の常識を変えてい

髙木琢也さん

Works

Works
美容師最年少として、日本武道館でヘアショーに出演。1万5千人の観客を魅了した。
Works
2017年度ホットペッパービューティーアワードメンズスタイル部門で1万5千人の美容師の中から日本一に選ばれる。
Works
一般誌から業界誌の撮影まで多くの撮影依頼が入ってきます。
OCEAN TOKYOから創り出される作品は、常に雑誌の巻頭ページやランキングの上位を独占!
Works
ヘア撮影以外にもメディアからのオファーが絶えず、数々のテレビやCMに出演。
Works
作品を作る側から審査員として見る側になることも。ヘアコンテストやフォトコンテストの審査員もしています。