OCEAN TOKYO 代表 髙木 琢也さん

悩んでいる時間があるなら、
夢中になって頑張ったほうがいい。
そうすれば、夢は必ず叶う。

<OCEAN TOKYO> 代表

髙木 琢也さん

2006年美容科6期卒 私立東京学館高等学校出身

髙木 琢也 Profile

2006年に早稲田美容専門学校を卒業。2013年9月に「OCEAN TOKYO」を設立。
現在6店舗。2015年3月、『個人月間技術売上1200万円』の偉業を成し遂げ、
2016年5月、最年少の美容師として日本武道館でのヘアショーに出演。
今、メディアから最も注目を集める美容師。

OCEAN TOKYO
OCEAN TOKYO
東京都渋谷区神宮前5-27-7 アルボーレ神宮前4F

 WASEBIでは美容師としてのスキルを身につけながら、いろんなタイプの仲間たちとの交流を通して人間関係の築き方を学ぶことができました。先生方からはたくさんのことを教わりましたが、特に掃除に関しては厳しく指導してもらいました。そのおかげで、いまでも細かいところまで気づける視点が養われたと思います。特に環境がいい学校でした。

 OCEAN TOKYOは、2018年9月で5周年を迎えました。「ホットペッパー ビューティーアワード」メンズ ベストスタイル部門で2年連続の1位を獲得できたり、大阪に6店舗目を出店したりと、2018年はプレイヤーとしても経営者としても結果を出せた1年だったと思います。特に印象に残っているのは、NHKのドキュメンタリー番組「プロフェッショナル 仕事の流儀」に出演したこと。番組のディレクターさんがヘアスタイルに興味を持っていない方だったんです。彼とのやりとりを通して、もっとたくさんの人に「カッコいい」を伝えていかなければと思いました。

 今後の目標は、美容師という職業の可能性をもっと広げていきたいと考えています。テレビや雑誌などの取材を受けたり、もっと直接的に社会に働きかけたりと、いろんな方法があると思っています。特に美容業界という小さな枠に囚われずにやっていきたいです。あとは優秀なスタイリストもたくさん育ってきているので、彼らが活躍できるように店舗を増やしていければいいなと思います。日本全国と世界を視野に入れて。

 美容業界に進もうか迷っている人に伝えたいのは、結局「我慢」した人が最後には勝つということ。向いているか向いていないか悩むこともあるだろうけど、一生懸命やれば必ず結果は出せる。人生は短くて1度きりなので、悩む時間があるなら楽しい未来を考えて夢中になっているほうがいい。『夢は必ず叶います。』そこに向かって頑張ってほしいです。

髙木琢也さん

Works

Works
2018年4月、6店舗目にして関西初出店となる「OCEAN TOKYO Osaka」をオープン。同店の出井直助代表との一枚。
Works
NHKのドキュメンタリー番組「プロフェッショナル 仕事の流儀」取材中の様子。普段は見せない素顔が垣間見える瞬間も。
Works
2018年9月には、パリで開催された「セリーヌ」の2019年春夏コレクションに出席。新しい発見もあったそうです。
Works
OCEAN TOKYO本店で行われた決起会での集合写真。髙木さんはこれからも、個性溢れる仲間たちと「カッコイイ」を伝えていく。